不動産売却を泉区で行った時の譲渡所得税はいくら?

仙台市泉区で不動産売却した時には、譲渡所得税の負担が必要です。

不動産の売却益が譲渡所得となり、その譲渡所得に課税されるのが所得税と住民税となります。

いったいどのくらいの税金がかかるのか、気になりますよね。

譲渡所得は収入金額-(取得費+譲渡費用)の式で分かります。

収入金額は不動産売却した時の金額です。

取得費は不動産購入した時の金額+費用、譲渡費用は不動産売却した時の費用となります。

取得費がいくらかかったか、分からない時は収入金額×5%で求めることが可能です。

譲渡費用は不動産会社への仲介手数料、印紙税、土地を処分するための建物解体費用などが含まれます。

収入金額3,000万、取得費2,500万、譲渡費用200万の場合は、3,000万-(2,500万+200万)=300万が譲渡所得となる計算です。

譲渡所得に発生する所得税+住民税の税率は、物件の所有期間によって異なります。

所有期間5年以下は短期譲渡所得となり39.63%、所有期間5年超は長期譲渡所得となり20.315%です。

譲渡所得300万の場合、所有期間5年以下で300万×39.63%=118万8,900円、所有期間5年超で300万×20.315%=60万9,450円の課税となります。

所有期間5年を境に、譲渡所得税の負担が大幅に増える可能性があります。

所有期間5年まであと少しという方は、急いで不動産売却しないほうが良いでしょう。

なお、所有期間は不動産売却した年の1月1日時点で決まります。

物件を買ってから処分するまで5年経ったけど、その年の1月1日時点では所有期間5年以下というケースがあり得ます。

短期譲渡所得になるか、長期譲渡所得になるか微妙な時は注意してください。

仙台市泉区で不動産売却する際の仲介手数料はいくら?

仙台市泉区で不動産売却するため、不動産会社に仲介を依頼すると仲介手数料が発生します。

不動産会社への仲介手数料は、物件価格の3%+6万円で計算可能です。

物件価格の3%+6万円は、宅地建物取引業法による上限となっています。

あくまでも法律で上限が決まっているだけ、仲介手数料は不動産会社と依頼主との協議によって決めるものです。

しかし、現実には上限いっぱいの仲介手数料を設定する不動産会社が多くなっています。

そのため、大手不動産会社でも中小不動産会社でも、仲介手数料の計算は同じと考えて良いでしょう。

3,000万円の物件価格なら3,000万円×3%+6万円=96万円の仲介手数料が発生する計算です。

96万円もの仲介手数料をまとめて支払するのでは、厳しいのではないでしょうか。

さらに、仲介手数料には消費税もプラスされます。

仲介手数料が発生するのは、売買契約の成立後です。

売買契約が成立しなかった時は、仲介手数料の発生はありません。

不動産の取引では契約まで進んでも、引き渡しはまだの場合が多いです。

そのため、契約時に仲介手数料の半分、引き渡し後に残りの半分を支払できるかどうか、不動産会社と相談してみてください。

また、売主と買主の両方を仲介し、売主と買主の両方から仲介手数料をいただくことを両手取引と呼びます。

不動産会社への報酬が多くなりやすい取引です。

なかには買主の仲介手数料無料にする不動産会社が見られますが、この場合でも売主は負担しなければなりません。

そのため、売主は納得できる形で仲介手数料を負担したいところです。