泉区で不動産売却する時は取引事例をチェックしよう

仙台市泉区で不動産売却する時にチェックしたいのが取引事例です。

国土交通省の土地総合情報システムというWEBサービスなら、泉区の取引事例をインターネットで閲覧できます。

不動産取引価格情報検索の画面で取引時期、物件の種類、地域を選ぶだけと簡単です。

物件の種類は『宅地』『土地』『土地と建物』『中古マンション等』『農地』『林地』とあります。

売却したい物件の種類にあったものを選んでください。

▽不動産査定に関するお役立ち記事のご紹介:不動産を売るにはどれくらい期間がかかるの?不動産会社に査定依頼するときの注意点とは – 記事詳細|Infoseekニュース

2020年1月30日時点で仙台市泉区にある『宅地』情報は379件あります。

検索結果の画面には所在地や最寄駅までの距離、取引総額、土地面積、形状、築年数などの情報が出てきます。

売却したい物件の条件に近いものを比較対象にすると良いでしょう。

いくらで売却されたのか、知りたいときに参考になるのが取引総額です。

これは不動産の取引当事者へ行ったアンケート調査にもとづいた取引価格となります。

ただし、不動産取引価格情報検索にはひとつ注意点があります。

それは仙台市泉区の地区によっては取引事例が少ない点です。

なかには取引事例ゼロの地区があるため、地区によっては比較するのが難しくなります。

土地総合情報システムでは地価公示・都道府県地価調査というWEBサービスも用意しています。

取引事例が少ない地区の場合は、地価公示・都道府県地価調査で調べた地価(土地の価格)を参考にすると良いでしょう。

地価公示・都道府県地価調査のページに地図が掲載されていますので、宮城県→泉区の順番で地図上をクリックしてください。

後は対象、用途区分などの必要事項を選択、または入力し、検索ボタンを押すだけで情報が出てきます。