中古バイクの買取査定ポイントは見た目とエンジン

中古バイクを買取する場合、必ず査定をして、その中古バイクがいくらくらいで買取れるかということが示されます。

買取をしてもらう側としてはできるだけ高価に買取をしてもらいたいと思うと思いますが、買取ショップでは中古バイクの買取の際にはどんな査定ポイントをチェックするのでしょうか?

まず、第一に中古バイクだからこそ見た目も査定ポイントです。

目立つ様な大きな深い傷がないか、事故や転倒による凹みがないか、雨ざらしで錆びついていないか、シートが傷ついていたり、破れていないか、実際にバイクに乗って全体的な歪みがないかなどがチェックされます。

小さな浅い傷については、できる限り自分で補修しておくといいでしょう。

そして、肝心のエンジンについても大事な査定ポイントです。

エンジンがかかるかということ、走ることのできない中古バイクは買取ができない場合もあります。

エンジンを掛けてみて、異音がしないか、アクセルを吹かせて吹け上がりをチェックします。

その他、キーを挿入して、キーシリンダーの破損がないか、電気系統の故障がないか、計器などに問題がないかなどをチェックします。

これらの査定ポイントをチェックし、そして、後はその中古バイクの市場での人気や需要で査定価格が決まってきます。

査定をしている間は、側にいて、説明を受けながらしてもらうといいでしょう。

疑問があった時は質問してみる、査定額に納得ができない場合は交渉してみるなどもできます。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.