仙台市泉区の不動産売却する時は媒介契約の種類を理解しよう

仙台市泉区の不動産売却するための媒介契約は、『専属専任媒介契約』『専任媒介契約』『一般媒介契約』と3種類あります。

3種類の契約ごとに特長を紹介していきましょう。

『一般』では複数の不動産業者との契約が可能です。

しかし、『専属専任』『専任』では1社のみの契約となります。

また、『専任』『一般』では売る人が自分で見つけた買う人と取引出来ますが、『専属専任』では出来ないです。

契約を結んだ不動産業者は、売る人に報告することが必要です。

『専属専任』は1週間に1回以上、『専任』は2週間に1回以上の報告があります。

ただし、『一般』の報告は任意です。

ほかにも契約の有効期間に違いがあります。

『専属専任』『専任』では3か月以内の有効期間ですが、『一般』では制限がありません。

どの契約を結ぶのか、売る人が自分で選べます。

一番良いと感じた契約を選びたいところです。

『一般』は複数の不動産業者と契約出来る分だけ、早めに買う人が見つかりやすいです。

そのため、仙台市泉区の不動産売却を急いでいるという人に向いています。

ただし、売る人に他社と成約されると、その不動産業者には仲介手数料が入らなくなります。

販売活動に熱心にならない恐れがあるため、条件が悪く人気の低い物件には向かないでしょう。

1社の不動産業者と契約する『専任』は、成約すれば仲介手数料が必ず入ります。

販売活動に熱心になりやすいため、人気の低い物件に向いている契約です。

急ぎではないため、なるべく高く売却したい人も『専任』を選ぶと良いでしょう。

『専属専任』も『専任』同様、1社の不動産業者と契約する種類です。

しかし、『専任』と違い、『専属専任』では自分で見つけた買う人とは取引出来ません。

そのため、1社の不動産業者にすべてお任せしたい人に向いています。